国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2008年(H20年)第16回 はり師・きゅう師国家試験

病理学 (問題45〜51)

問45

病原体と感染症との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 細菌 ― 結核症
  2. ウイルス ― ツツガムシ病
  3. 真菌 ― アスペルギルス症
  4. 原虫 ― アメーバ赤痢
解答・解説を見る
解答:
2

問46

老化に伴った疾患に該当しないのはどれか。

  1. 骨粗鬆症
  2. 白内障
  3. 伝染性単核症
  4. アルツハイマー病
解答・解説を見る
解答:
3

問47

血栓を起こしやすい疾患として誤っているのはどれか。

  1. 動脈瘤
  2. 血友病
  3. 動脈硬化症
  4. 血管炎
解答・解説を見る
解答:
2

問48

循環障害について誤っている記述はどれか。

  1. 充血は動脈から過剰の血液が流れ込んだ状態である。
  2. うっ血は静脈血の流出が妨げられて起こる。
  3. 血栓症は血管外で血液が凝固する現象である。
  4. 梗塞は終末動脈の閉塞により生じる。
解答・解説を見る
解答:
3

問49

糖尿病について誤っている記述はどれか。

  1. 1 型糖尿病は高齢者に多い。
  2. 1 型糖尿病は自己免疫疾患である。
  3. 2 型糖尿病は遺伝的要因の関与が強い。
  4. 2 型糖尿病はインスリンに対する反応性が低下している。
解答・解説を見る
解答:

問50

異物とその処理方法との組合せで適切でないのはどれか。

  1. 炭粉 ― 貪食
  2. 血栓 ― 器質化
  3. 折れた鍼 ― 被包化
  4. ナイロン糸 ― 融解
解答・解説を見る
解答:

問51

腫瘍マーカーはどれか。

  1. αフェトプロテイン
  2. 組織適合抗原
  3. ヒスタミン
  4. シクロオキシゲナーゼ
解答・解説を見る
解答:
1