国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2008年(H20年)第16回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

艾の精製に用いる用具と用途との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 裁断機 ― 乾燥したヨモギの葉を刻む。
  2. 石臼 ― 葉脈を除去する。
  3. 長唐箕 ― 挟雑物をふるい落とす。
  4. 唐箕 ― 毛茸の表面付着物を除去する。
解答・解説を見る
解答:
2

問152

灸痕を残さない灸法の組合せはどれか。

  1. 押灸 ― 透熱灸
  2. 塩灸 ― 焦灼灸
  3. 紅灸 ― 打膿灸
  4. ショウガ灸 ― 知熱灸
解答・解説を見る
解答:
4

問153

小児の灸治療で適切でないのはどれか。

  1. ちりげの灸
  2. 知熱灸
  3. 弘法の灸
  4. 文条灸(棒灸)
解答・解説を見る
解答:
3

問154

きゅう師による生活習慣病に対する指導で適切でないのはどれか。

  1. 服薬
  2. 禁煙
  3. 食事
  4. 運動
解答・解説を見る
解答:
1

問155

直接灸を行う部位として最も適切なのはどれか。

  1. 顔面部
  2. 臍部
  3. 爪甲根部
  4. 皮膚病の患部
解答・解説を見る
解答:
3

問156

灸あたりが起こりやすいのはどれか。

  1. 知熱灸
  2. 紅灸
  3. ショウガ灸
  4. 打膿灸
解答・解説を見る
解答:
4

問157

熱痛刺激情報を二次ニューロンへ伝達するのはどれか。

  1. グルタミン酸
  2. サブスタンスP
  3. アセチルコリン
  4. セロトニン
解答・解説を見る
解答:
1.2

問158

打膿灸の施灸局所で起こらない現象はどれか。

  1. カプサイシンの産生
  2. サイトカインの産生
  3. 好中球の浸潤
  4. 蛋白質の変性
解答・解説を見る
解答:
1

問159

温熱刺激の受容にかかわるのはどれか。

  1. メルケル盤
  2. 自由神経終末
  3. ルフイ二終末
  4. パチニ小体
解答・解説を見る
解答:
2

問160

ストレス蛋白質について正しいのはどれか。

  1. 温熱刺激で産生される。
  2. 神経伝達物質の一種である。
  3. オピオイド受容体と結合する。
  4. サブスタンスP の産生にかかわる。
解答・解説を見る
解答:
1