国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2009年(H21年)第17回 はり師・きゅう師国家試験

衛生学公衆衛生学 (問題3〜10)

問3

真菌による疾患はどれか。

  1. マラリア
  2. カンジダ症
  3. ウエストナイル熱
  4. ツツガムシ病
解答・解説を見る
解答:
2

問4

喫煙群と非喫煙群とを10年間観察し、肺がんの発生率を比較した研究はどれか。

  1. 患者対照研究
  2. コホート研究
  3. ランダム化比較試験
  4. 介入研究
解答・解説を見る
解答:
2

問5

最近の乳児死亡率が最も低い国はどれか。

  1. アメリカ合衆国
  2. スウェーデン
  3. イギリス
  4. 日本
解答・解説を見る
解答:
4

問6

自家製の飯ずしを食べた者が呼吸困難と神経麻痺を起こした。病原体はどれか。

  1. ノロウイルス
  2. ボツリヌス菌
  3. ブドウ球菌
  4. サルモネラ属
解答・解説を見る
解答:
2

問7

最近の患者調査で精神障害による入院患者数が最も多いのはどれか。

  1. 統合失調症
  2. うつ病
  3. てんかん
  4. アルツハイマー病
解答・解説を見る
解答:
1

問8

欧米と比較して日本人の死亡率が高いのはどれか。

  1. 乳がん
  2. 大腸がん
  3. 胃がん
  4. 肺がん
解答・解説を見る
解答:
3

問9

ウイルスによる感染症はどれか。

  1. 百日咳
  2. マラリア
  3. オウム病
  4. エボラ出血熱
解答・解説を見る
解答:
4

問10

結核の排菌患者が使用した食器の消毒で最も適切なのはどれか。

  1. クロルヘキシジン
  2. 次亜塩素酸ナトリウム
  3. 煮沸消毒
  4. 低温殺菌
解答・解説を見る
解答:
3