国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2009年(H21年)第17回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

艾の原料であるヨモギの採取時期として最も適切なのはどれか。

  1. 2月
  2. 5月
  3. 9月
  4. 11月
解答・解説を見る
解答:
2

問152

艾に関して正しい記述はどれか。

  1. ヨモギの葉の表面には毛茸が多い。     
  2. 良質艾は毛茸を含まない。
  3. チネオール(シネオール)は線維様物質である。
  4. 腺毛は揮発性の精油を含む。
解答・解説を見る
解答:
4

問153

灸術の種類で誤っている組合せはどれか。

  1. 透熱灸       - 糸状灸
  2. 隔物灸       - 温筒灸
  3. 知熱灸       - 八分灸
  4. 艾を使用しない灸法 - 紅灸
解答・解説を見る
解答:
2

問154

皮膚に損傷を与えないのはどれか。

  1. 透熱灸
  2. ニンニク灸
  3. 打膿灸
  4. 焦灼灸
解答・解説を見る
解答:
2

問155

灸による瀉法はどれか。

  1. 燃焼後の灰を除去して施灸する。  
  2. 艾炷の底面を小さくして施灸する。
  3. 良質の艾を軟らかくひねって施灸する。
  4. 自然消火を待つ。
解答・解説を見る
解答:
1

問156

施灸部の消毒方法で適切でないのはどれか。

  1. 施灸前後に行う。   
  2. ラビング法で擦り込む。
  3. 遠心性に渦巻き状に拭く。
  4. 消毒用エタノールを用いる。
解答・解説を見る
解答:
2

問157

施灸によるフレア一現象に関与しないのはどれか。

  1. CGRP
  2. Ⅳ群線維
  3. ポリモーダル受容器
  4. 広作動域ニューロン
解答・解説を見る
解答:
4

問158

透熱灸による生体反応でないのはどれか。

  1. C線維の興奮  
  2. 血管透過性の亢進
  3. クラウゼ小体の興奮
  4. マスト細胞の活性化
解答・解説を見る
解答:
3

問159

ホメオスタシスについて適切な記述はどれか。

  1. 交感神経は関与しない。
  2. レイリーが提唱した。
  3. ネガティブフィードバックにより調節される。
  4. 緊急反応時にはアドレナリン分泌が抑制される。
解答・解説を見る
解答:
3

問160

圧自律神経反射に関与しないのはどれか。

  1. 汗腺 
  2. 交感神経
  3. 感覚神経
  4. 運動神経
解答・解説を見る
解答:
4