国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2009年(H21年)第17回 はり師・きゅう師国家試験

リハビリテーション医学 (問題84〜91)

問84

徒手筋力テストで筋の収縮はみられるが、関節運動は起こらないのはどれか。

  1. MMT1
  2. MMT2
  3. MMT3
  4. MMT4
解答・解説を見る
解答:
1

問85

足の内側縦アーチを構成する骨で誤っているのはどれか。

  1. 踵骨
  2. 舟状骨
  3. 立方骨
  4. 第1中足骨
解答・解説を見る
解答:
3

問86

肩関節の外転運動で誤っている記述はどれか。

  1. 肩甲骨は上方回旋する。
  2. 肩甲骨と肩甲上腕関節の動きの割合はおよそ2対1である。
  3. 腱板は上腕骨頭を肩甲骨関節窩に保持、安定させる。
  4. 鎖骨が同時に動く。
解答・解説を見る
解答:
2

問87

歩幅が一定のまま歩行率(ケイデンス)が増加したときの正しい記述はどれか。

  1. 歩隔が小さくなる。    
  2. 歩行速度が上がる。
  3. 1歩行周期の時間が長くなる。
  4. 歩行周期における二重支持期の割合は変化しない。
解答・解説を見る
解答:
2

問88

高次脳機能障害はどれか。

  1. 半側空間無視
  2. 意識障害
  3. 食欲亢進
  4. 不眠
解答・解説を見る
解答:
1

問89

脳卒中片麻痺患者への歩行指導について正しい記述はどれか。

  1. 歩行訓練開始時に歩行器を使用させる。
  2. 感覚障害が強い患者にはプラスチック製短下肢装具を使用させる。
  3. 見守り歩行では介助者は患者の健側に位置する。
  4. 3動作歩行では杖をついた後は患側下肢を前に出させる。
解答・解説を見る
解答:
4

問90

胸髄レベルの脊髄損傷完全麻痺患者について正しい記述はどれか。

  1. 横隔膜麻痺がある。  
  2. 排便障害がみられる。
  3. 下肢の筋緊張が低下する。
  4. 移動には電動車いすが必要である。
解答・解説を見る
解答:
2

問91

大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭置換手術前後のリハビリテーションで正しい記述はどれか。

  1. 手術前は両下肢の自動運動を禁止する。 
  2. 手術創が癒合し抜糸してから座位を開始する。
  3. 座位が安定してから歩行訓練を開始する。
  4. 術後1か月は患肢の荷重を禁止する。
解答・解説を見る
解答:
3