国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2009年(H21年)第17回 はり師・きゅう師国家試験

臨床医学各論 (問題63〜83)

問63

パーキンソン病の振戦が最も起こりやすいのはどれか。

  1. じっとしているとき
  2. 何か物を取ろうとするとき
  3. 字を書くとき  
  4. からだの前で手を保持するとき
解答・解説を見る
解答:
1

問64

アルコール依存症の離脱症状として適切でないのはどれか。

  1. 手指振戦
  2. 幻視
  3. 発汗
  4. 四肢のしびれ
解答・解説を見る
解答:
4

問65

高齢者が起こしやすい骨折はどれか。

  1. 鎖骨骨折
  2. 上腕骨近位部骨折
  3. 上腕骨顆上骨折
  4. 上腕骨外顆骨折
解答・解説を見る
解答:
2

問66

脊椎分離症で誤っているのはどれか。

  1. 上下関節突起間に起こる。
  2. 腰椎下部に好発する。
  3. 初期より神経根症状を示す。
  4. スポーツ選手に多い。
解答・解説を見る
解答:
3

問67

食習慣と起こりやすい疾病との組合せで正しいのはどれか。

  1. 脂質が多い       - 痛風 
  2. 糖質が多い       - 胆石症
  3. 蛋白質が多い      - 肝硬変
  4. 摂取エネルギー量が多い - 脂肪肝
解答・解説を見る
解答:
4

問68

糖尿病患者に合併しやすいのはどれか。

  1. 結膜出血
  2. 甲状腺腫大
  3. 下肢の知覚鈍麻
  4. アキレス腱反射亢進
解答・解説を見る
解答:
3

問69

胃潰瘍について誤っている記述はどれか。

  1. 女性より男性に多い。
  2. 好発部位は胃の大弯である。
  3. エックス線像でニッシェがみられる。
  4. ヘリコバクター・ピロリの感染と関係がある。
解答・解説を見る
解答:
2

問70

気管支喘息について誤っている記述はどれか。

  1. 気道の炎症がみられる。     
  2. 気道の狭窄を呈する。
  3. 発作時は咳嗽・息苦しさがみられる。
  4. 肺機能検査では拘束性障害を示す。
解答・解説を見る
解答:
4

問71

肺結核を疑う症状で適切でないのはどれか。

  1. 胸痛
  2. 喀痰
  3. 微熱
  4. 咳嗽
解答・解説を見る
解答:
1

問72

関節リウマチの関節外症状として適切でないのはどれか。

  1. 間質性肺炎
  2. 皮下結節
  3. 血管炎
  4. 陰部潰瘍
解答・解説を見る
解答:
4

問73

鉄欠乏性貧血について適切でない記述はどれか。

  1. 息切れ・動悸の訴えがある。 
  2. 妊娠時に起こりやすい。
  3. ビタミン剤の投与が有効である。
  4. 血清フェリチン値は減少する。
解答・解説を見る
解答:
3

問74

副腎の疾患と症状との組合せで正しいのはどれか。

  1. 原発性アルドステロン症 - 高カリウム血症
  2. クッシング症候群    - 高血糖
  3. 褐色細胞腫       - 低血圧
  4. アジソン病       - 多毛
解答・解説を見る
解答:
2

問75

大動脈弁狭窄症で誤っているのはどれか。

  1. 拡張期雑音
  2. 左室肥大
  3. 肺うっ血
  4. 心拍出量低下
解答・解説を見る
解答:
1

問76

心筋梗塞の心電図変化で誤っているのはどれか。

  1. ST上昇
  2. 異常Q波
  3. 冠性T波
  4. PQ時間短縮
解答・解説を見る
解答:
4
次の文で示す症例について、問題77、問題78の問に答えよ。「60歳の男性。糖尿病発症から15年経過、現在腎機能は正常。収縮期血圧は180mmHg、拡張期血圧は90mmHgである。」

問77

早期糖尿病性腎症を最も示唆するのはどれか。

  1. クレアチニンクリアランス低下
  2. 微量アルブミン尿
  3. HbA1c高値
  4. 血尿
解答・解説を見る
解答:
2

問78

最近下肢の冷感が出現している。最も優先度の高いスクリーニング検査はどれか。

  1. 心電図
  2. 頸動脈超音波検査
  3. 足背動脈拍動の確認
  4. 両側アキレス腱反射
解答・解説を見る
解答:
3
次の文で示す症例について、問題79、問題80の問に答えよ。「69歳の女性。10年前から高血圧症にて内服加療中。時々右上下肢のしびれを自覚していたが、最近物忘れがひどくなってきた。また、わけもなく泣いたりすることも多い。物忘れが多いわりに判断力は保たれている。」

問79

最も考えられるのはどれか。

  1. アルツハイマー病
  2. 脳血管性認知症
  3. ピック病
  4. プリオン病
解答・解説を見る
解答:
2

問80

この症例に対する対応で適切でないのはどれか。

  1. 要求があった場合は、それを満たすように対応する。
  2. 失敗した時は叱る。
  3. 外出を希望した場合は、断らず付き合う。    
  4. 簡単な仕事を与え、それができればほめる。
解答・解説を見る
解答:
2

問81

疾患と症状との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 猩紅熱   - コプリック斑
  2. 破傷風   - 牙関緊急
  3. 細菌性赤痢 - 膿粘血便
  4. ジフテリア - 咽頭・喉頭偽膜
解答・解説を見る
解答:
1

問82

アレルギー性鼻炎について誤っている記述はどれか。

  1. 発作性のくしゃみがある。
  2. 水様性鼻汁を特徴とする。
  3. IgG抗体が関与する。 
  4. 手術療法が行われる。
解答・解説を見る
解答:
3

問83

特発性三叉神経痛で正しい記述はどれか。

  1. 若年者に多い。     
  2. 一日中シクシク痛む。
  3. 疹痛を誘発する部位がある。
  4. 内服薬は無効である。
解答・解説を見る
解答:
3