国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2010年(H22年)第18回 はり師・きゅう師国家試験

はり理論 (問題141〜150)

問141

鍼の手技で最も新しいのはどれか。

  1. 打鍼法
  2. 皮内鍼法
  3. 管鍼法
  4. 撚鍼法
解答・解説を見る
解答:

問142

鍼を使用せず弱刺激を与える手技はどれか。

  1. 単刺術
  2. 管散術
  3. 細指術
  4. 内調術
解答・解説を見る
解答:

問143

筋など深部まで刺入を必要とする鍼法はどれか。

  1. 小児鍼法
  2. 皮内鍼法
  3. 散鍼法
  4. 灸頭鍼法
解答・解説を見る
解答:

問144

撚鍼法に適した鍼尖の形状はどれか。

  1. 柳葉形
  2. 卵形
  3. ノゲ形
  4. 松葉形
解答・解説を見る
解答:

問145

鍼治療後の気胸を疑う症状はどれか。

  1. 発熱
  2. 眩暈
  3. 咳嗽
  4. 悪寒
解答・解説を見る
解答:

問146

深刺による臓器傷害について誤っている組合せはどれか。

  1. 右陰都 ― 脾臓
  2. 志室  ― 腎臓
  3. 膏肓  ― 肺
  4. 右梁門 ― 肝臓
解答・解説を見る
解答:

問147

鍼鎮痛機構に関与しないのはどれか。

  1. ブラジキニン
  2. オピオイド物質
  3. 下行性抑制
  4. 脊髄膠様質
解答・解説を見る
解答:

問148

鍼麻酔の特徴として適切でない記述はどれか。

  1. 鎮痛効果に個体差がある。
  2. 患者の意識がある。
  3. 筋は弛緩する。
  4. 鎮痛の発現に時間がかかる。
解答・解説を見る
解答:

問149

鍼刺激による反応でポリモーダル受容器が関与しないのはどれか。

  1. 鍼のひびきの惹起
  2. サブスタンスPの遊離
  3. Aβ線維の興奮
  4. 内因性鎮痛機構の賦括
解答・解説を見る
解答:

問150

刺鍼局所に起こるフレアー現象に関与する反射はどれか。

  1. 体性―内臓反射
  2. 軸索反射
  3. 深部反射
  4. 病的反射
解答・解説を見る
解答: