国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2010年(H22年)第18回 はり師・きゅう師国家試験

解剖学 (問題15〜30)

問15

結合組織の細胞について正しい記述はどれか。

  1. 形質細胞はTリンパ球から分化した細胞である。
  2. 大食細胞の細胞質には大量のリソソームが含まれる。
  3. 脂肪細胞の細胞質はコレステロールで占められる。
  4. 肥満細胞の細胞質は大量の中性脂肪で占められる。
解答・解説を見る
解答:

問16

四肢の筋において停止腱内に種子骨があるのはどれか。

  1. 上腕二頭筋
  2. 上腕三頭筋 
  3. 大腿四頭筋
  4. 下腿三頭筋
解答・解説を見る
解答:

問17

肩の筋において上腕を外転させるのはどれか。

  1. 棘上筋
  2. 棘下筋
  3. 肩甲挙筋
  4. 肩甲下筋
解答・解説を見る
解答:
解説:
○1. 棘上筋は肩関節外転させる。
×2. 棘下筋は肩関節を外旋、水平伸展させる。
×3. 肩甲拳筋は肩甲骨の挙上・下方回旋させる。
×4. 肩甲下筋は肩関節を内旋、内転、伸展させる。

解説作成者:城阪 佳奈美 確認者:宮武 大貴

問18

上肢の筋において橈骨神経によって貫かれるのはどれか。

  1. 烏口腕筋
  2. 円回内筋
  3. 回外筋
  4. 腕橈骨筋
解答・解説を見る
解答:

問19

胸部の器官について後縦隔にあるのはどれか。

  1. 胸腺
  2. 食道
  3. 心臓
  4. 大動脈弓
解答・解説を見る
解答:

問20

下鼻道に開口するのはどれか。

  1. 耳管
  2. 上顎洞
  3. 蝶形骨洞
  4. 鼻涙管
解答・解説を見る
解答:
解説:
下鼻道に開口するのは4. 鼻涙管である。
1. 耳管は咽頭へ開口する。
2. 上顎洞は中鼻道へ開口する。
3. 蝶形骨洞は鼻腔の後上方へ開口する。

解説作成者:城阪 佳奈美 確認者:宮武 大貴

問21

内分泌腺について誤っている記述はどれか。

  1. 松果体は神経組織から構成される。
  2. 甲状腺の傍濾胞細胞からカルシトニンが分泌される。
  3. 下垂体には門脈系が形成される。
  4. 副腎皮質の細胞はクロム親和細胞と呼ばれる。
解答・解説を見る
解答:

問22

血管の構造について正しい記述はどれか。

  1. 心臓に近い大血管では弾性線維よりも平滑筋線維が多い。
  2. 顔面の静脈は弁が豊富である。
  3. 門脈の構造は静脈と同じである。
  4. 毛細血管には平滑筋が含まれる。
解答・解説を見る
解答:

問23

胸腹部の動脈について正しい記述はどれか。

  1. 気管支動脈は上行大動脈から分枝する。
  2. 腹腔動脈は回腸に分布する。
  3. 上腸間膜動脈は直腸に分布する。
  4. 卵巣動脈は腹大動脈から分枝する。
解答・解説を見る
解答:

問24

門脈系について下大静脈との側副循環路となるのはどれか。

  1. 膀胱静脈叢
  2. 前立腺静脈叢
  3. 子宮静脈叢
  4. 直腸静脈叢
解答・解説を見る
解答:

問25

中枢神経系について正しい記述はどれか。

  1. 神経線維の集まっているところを白質という。
  2. 神経膠細胞の数は神経細胞とほぼ等しい。
  3. 星状膠細胞は血球に由来する。
  4. シュワン細胞が髄鞘形成にあたる
解答・解説を見る
解答:

問26

小脳について正しい記述はどれか。

  1. 小脳は間脳の背面にある。
  2. 小脳皮質は白質である。
  3. 小脳核は髄質にある。
  4. 下小脳脚は中脳と連絡する。
解答・解説を見る
解答:

問27

脳神経において正円孔を通るのはどれか。

  1. 視神経
  2. 眼神経
  3. 上顎神経
  4. 外転神経
解答・解説を見る
解答:
解説:
正円孔を通るのは上顎神経である。 1. 視神経は視神経管と通り、
2. 眼神経と4. 外転神経のは上眼窩裂を通る。

解説作成者:城阪 佳奈美 確認者:宮武 大貴

問28

頭部において迷走神経が分布するのはどれか。

  1. 耳下腺
  2. 外耳道
  3. 鼓 室
  4. 鼓膜張筋
解答・解説を見る
解答:

問29

下肢の神経において枝が足背に分布しないのはどれか。

  1. 閉鎖神経
  2. 大腿神経
  3. 脛骨神経
  4. 総腓骨神経
解答・解説を見る
解答:

問30

内耳において膨大部稜があるのはどれか。

  1. 半規管
  2. 球形嚢
  3. 卵形嚢
  4. 蝸牛
解答・解説を見る
解答: