国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2010年(H22年)第18回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

良質艾の精製過程で最終段階に使用する道具はどれか。

  1. 唐箕
  2. 石臼
  3. 裁断機
解答・解説を見る
解答:

問152

良質文の成分について正しい記述はどれか。

  1. 揮発成分が多い。
  2. 繊維成分が多い。
  3. 灰分が多い。
  4. 水分が多い。
解答・解説を見る
解答:

問153

隔物灸でないのはどれか。

  1. 味噌灸
  2. ニラ灸
  3. 塩灸
  4. 紅灸
解答・解説を見る
解答:

問154

多壮灸を原則とするのはどれか。

  1. 焦灼灸
  2. 打膿灸
  3. 知熱灸
  4. ビワの菓灸
解答・解説を見る
解答:

問155

小児に対する灸施術で適切でないのはどれか。

  1. 棒灸を用いる。
  2. 艾を硬くひねる。
  3. 小さな艾炷を用いる。
  4. 壮数を少なくする。
解答・解説を見る
解答:

問156

患者の状態と灸法との組合せで適切でないのはどれか。

  1. 糖尿病性ニューロパチー  ― 棒灸
  2. 副腎皮質ステロイドの使用 ― 知熱灸
  3. 免疫抑制剤の服用     ― 透熱灸
  4. 疣贅           ― 焦灼灸
解答・解説を見る
解答:

問157

透熱灸による熱痛覚を伝える伝導路はどれか。

  1. 後索路
  2. 外側脊髄視床路
  3. 腹側脊髄視床路
  4. 内側毛帯路
解答・解説を見る
解答:

問158

灸刺激による末梢血管収縮の機序に関与するのはどれか。

  1. CGRP
  2. 一酸化窒素
  3. サブスタンスP
  4. ノルアドレナリン
解答・解説を見る
解答:

問159

透熱灸による生体反応で誤っているのはどれか。

  1. 血管透過性の亢進
  2. マスト細胞の活性化
  3. 血液凝固時間の短縮
  4. マクロファージ貪食能の低下
解答・解説を見る
解答:

問160

サイバネティックスの学説で提唱されたのはどれか。

  1. レニン・アジオテシン系
  2. 交感神経一副腎皮質系
  3. 内因性鎮痛機構
  4. フィードバック機構
解答・解説を見る
解答: