国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2010年(H22年)第18回 はり師・きゅう師国家試験

リハビリテーション医学 (問題84〜91)

問84

身体障害者の分類で割合が増加しているのはどれか。

  1. 肢体不自由
  2. 視覚障害
  3. 内部障害 
  4. 聴覚・言語障害
解答・解説を見る
解答:

問85

国際生活機能分類(ICF)について正しい記述はどれか。

  1. 対象を障害者に限定して作成された分類法である。
  2. 各構成要素の因果関係は両方向性である。
  3. 生活機能とは日常生活動作のことである。
  4. 個人因子とは健康状態のことである。
解答・解説を見る
解答:

問86

医学的リハビリテーションチームを構成するメンバーでないのはどれか。

  1. 理学療法士
  2. 臨床心理士
  3. ソーシャルワーカー
  4. ホームヘルパー
解答・解説を見る
解答:

問87

筋力MMT2の関節運動に対し、筋力増強目的で運動療法を行う場合に、最も適切なのはどれか。

  1. 他動運動
  2. 自動運動
  3. 自動介助運動
  4. 漸増抵抗運動
解答・解説を見る
解答:

問88

脳卒中片麻痺患者に用いる装具はどれか。

  1. 短下肢装具
  2. 免荷装具
  3. 股関節装具
  4. 腰椎装具
解答・解説を見る
解答:

問89

下肢のブルンストロームステージで「共同運動がわずかに出現し、痙性が出始める。」のはどれか。

  1. ステージⅠ
  2. ステージⅡ
  3. ステージⅢ
  4. ステージⅣ
解答・解説を見る
解答:

問90

患肢で荷重するときに義足を必要とする切断部位はどれか。

  1. 大腿切断
  2. 膝関節離断
  3. サイム切断
  4. 中足骨切断
解答・解説を見る
解答:

問91

四肢の末梢神経麻痺のリハビリテーションで行わないのはどれか。

  1. 関節可動域訓練
  2. 低周波治療
  3. 装具療法
  4. 温熱療法
解答・解説を見る
解答: