国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2010年(H22年)第18回 はり師・きゅう師国家試験

臨床医学各論 (問題63〜83)

問63

パーキンソン病の非運動症状として適切なのはどれか。

  1. 視力障害
  2. 失語症
  3. 起立性低血圧 
  4. 乏尿
解答・解説を見る
解答:

問64

特発性側弯に関して正しい記述はどれか。

  1. 3歳頃までに気付かれることが多い。
  2. 前屈させると背部は水平となる。
  3. コブ法は弯曲の程度の計測法である。
  4. 肺機能は低下しないのが特徴である。
解答・解説を見る
解答:

問65

高齢者に多い骨折として適切でないのはどれか。

  1. 鎖骨骨折
  2. 上腕骨近位部骨折
  3. 脊椎圧迫骨折
  4. 大腿骨頸部骨折
解答・解説を見る
解答:

問66

小児期の上腕骨外顆骨折後、成人になって起こる神経障害はどれか。

  1. 腋窩神経麻痺
  2. 橈骨神経麻痺
  3. 正中神経麻痺
  4. 尺骨神経麻痺
解答・解説を見る
解答:

問67

心臓弁膜症と聴診所見との組合せで正しいのはどれか。

  1. 僧帽弁閉鎖不全症 ― 頸動脈雑音
  2. 大動脈弁閉鎖不全 ― 拡張期雑音
  3. 僧帽弁狭窄症   ― 収縮期雑音
  4. 大動脈弁狭窄症  ― ランブル
解答・解説を見る
解答:

問68

ウイルス性肝炎に関して正しい記述はどれか。

  1. A型は輸血で感染する。
  2. B型はDNAウイルスによる。
  3. C型はワクチンで予防できる。
  4. E型は慢性化しやすい。
解答・解説を見る
解答:

問69

特発性肺線維症をきたす危険因子でないのはどれか。

  1. 喫煙
  2. 過食
  3. 薬剤
  4. 感染
解答・解説を見る
解答:

問70

下垂体性尿崩症について誤っている記述はどれか。

  1. バゾプレッシンの分泌が低下している。
  2. 続発性尿崩症の頻度が高い。
  3. 高血糖を認める。
  4. 多飲となる。
解答・解説を見る
解答:

問71

ベーチェット病の特徴的な症状でないのはどれか。

  1. ブドウ膜炎
  2. 中耳炎
  3. 口腔内アフタ性潰瘍
  4. 陰部潰瘍
解答・解説を見る
解答:

問72

特発性血小板減少性紫斑病の症状で適切でないのはどれか。

  1. 関節内血腫
  2. 鼻出血
  3. 歯肉出血
  4. 皮膚の点状出血
解答・解説を見る
解答:

問73

クッシング病でみられやすいのはどれか。

  1. 月経異常
  2. るいそう
  3. 低血圧
  4. 恥毛脱落
解答・解説を見る
解答:

問74

ファロー四徴症で認められないのはどれか。

  1. 肺動脈狭窄
  2. 大動脈騎乗
  3. 右室肥大
  4. 大血管転位
解答・解説を見る
解答:

問75

潰瘍性大腸炎の特徴でないのはどれか。

  1. 粘血便
  2. 敷石状病変
  3. 全周性潰瘍
  4. 中毒性巨大結腸
解答・解説を見る
解答:

問76

結膜炎について誤っている記述はどれか。

  1. アレルギー性結膜炎ではかゆみが強い。
  2. クラミジア性結膜炎は難治性である。
  3. 細菌性結膜炎は大型濾胞が特徴である。
  4. ウイルス性結膜炎は院内感染が起こりやすい。
解答・解説を見る
解答:
次の文で示す症例について、問題77、問題78の問に答えよ。「60歳の男性。糖尿病発症から15年経過、現在腎機能は正常。収縮期血圧は180mmHg、拡張期血圧は90mmHgである。」

問77

この疾患で血小板減少をきたす原因となる病変臓器はどれか。

  1. 肝臓
  2. 脾臓
  3. 腎臓
解答・解説を見る
解答:

問78

この疾患に合併する悪性腫瘍の早期発見に有用な腫瘍マーカーはどれか。

  1. AFP
  2. CEA
  3. CA19-9
  4. PSA
解答・解説を見る
解答:
次の文で示す症例について、問題79、問題80の問に答えよ。「35歳の男性。発熱、乾性咳嚇および呼吸困難で入院。胸部エックス線写真で両側の中・下肺野にびまん性 すりガラス状陰影を認め、喀痰細胞診でニューモシスチス肺炎と診断された。」

問79

この患者で陽性と考えられるのはどれか。

  1. ライノウイルス
  2. ヒト免疫不全ウイルス
  3. 成人T細胞白血病ウイルスⅠ型
  4. 単純ヘルペスウイルス
解答・解説を見る
解答:

問80

本疾患で減少するのはどれか。

  1. 単球
  2. 好中球
  3. Bリンパ球
  4. Tリンパ球
解答・解説を見る
解答:

問81

潜伏期が最も短い食中毒の原因菌はどれか。

  1. ブドウ球菌
  2. 腸炎ビブリオ
  3. サルモネラ属
  4. ボツリヌス菌
解答・解説を見る
解答:

問82

慢性副鼻腔炎に関して正しい記述はどれか。

  1. ウイルス感染が多い。
  2. 水様性鼻汁が特徴である。
  3. エックス線検査が有用である。
  4. 内視鏡下手術の適応ではない。
解答・解説を見る
解答:

問83

硬膜外ブロックがよい適応である神経痛はどれか。

  1. 三叉神経痛
  2. 舌咽神経痛
  3. 後頭神経痛
  4. 坐骨神経痛
解答・解説を見る
解答: