国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2010年(H22年)第18回 はり師・きゅう師国家試験

生理学 (問題31〜44)

問31

1分子のグルコースから最も多くのATPを合成するのはどれか。

  1. 解糖系
  2. クエン酸回路
  3. 電子伝達系
  4. ローマン反応
解答・解説を見る
解答:

問32

血漿の膠質浸透圧の維持に必要な蛋白質はどれか。

  1. トロンビン
  2. フィブリン 
  3. アルブミン
  4. グロブリン
解答・解説を見る
解答:

問33

心周期における等容性収縮期について誤ってる記述はどれか。

  1. 心室内圧は大動脈圧より高い。
  2. 大動脈弁は閉じている。
  3. 第1心音の発生時期と一致する。
  4. 心室内圧は増加する。
解答・解説を見る
解答:

問34

呼吸促進が起こるのはどれか。

  1. 大動脈小体の興奮
  2. 動脈血酸素分圧の上昇
  3. 肺伸展受容器の興奮
  4. 脳脊髄液水素イオン濃度の低下
解答・解説を見る
解答:

問35

唾液に含まれる酵素はどれか。

  1. アミラーゼ
  2. ヌクレアーゼ
  3. ペプシン
  4. リパーゼ
解答・解説を見る
解答:

問36

発汗について誤っている記述はどれか。

  1. 精神性発汗は手掌で起こる。
  2. 体温調節にはアポクリン腺が関与する。
  3. 温熱性発汗の調節は視床下部で行われる。
  4. 発汗は圧迫刺激によって影響を受ける。
解答・解説を見る
解答:

問37

体液の調節について誤っている記述はどれか。

  1. アルドステロンはナトリウムイオンの再吸収を促進させる。
  2. レニン・アンジオテンシン系は細胞外液量の増加で活性化される。
  3. バゾプレッシンは尿量を低下させる。
  4. 細胞外液の浸透圧の変化は視床下部で検出される。
解答・解説を見る
解答:

問38

蓄尿時に興奮が高まらないのはどれか。

  1. 膀胱平滑筋支配の下腹神経
  2. 膀胱平滑筋支配の骨盤神経
  3. 内尿道括約筋支配の下腹神経
  4. 外尿道括約筋支配の陰部神経
解答・解説を見る
解答:

問39

ホルモンとその作用と組合せで誤っているのはどれか。

  1. 成長ホルモン    ― 軟骨形成促進
  2. プロラクテン    ― 乳汁産生促進
  3. カルシトニン    ― 血漿カルシウム濃度上昇
  4. エリスロポイエチン ― 赤血球生成促進
解答・解説を見る
解答:

問40

加齢による低下がみられないのはどれか。

  1. 腎血流量
  2. 最大換気能力
  3. 視力
  4. 副甲状腺ホルモン分泌
解答・解説を見る
解答:

問41

興奮性伝達物質として働くのはどれか。

  1. グリシン
  2. 一酸化窒素
  3. グルタミン酸
  4. ガンマアミノ酪酸
解答・解説を見る
解答:

問42

筋運動に関する組合せで誤っているのはどれか。

  1. 筋疲労    ― 乳酸
  2. 姿勢保持   ― 等尺性収縮
  3. ATPの枯渇 ― 筋硬直
  4. 瞬発的な運動 ― 有酸素運動
解答・解説を見る
解答:
4

問43

内耳で上下方向の直線加速度を検出するのはどれか。

  1. 蝸牛管
  2. 球形嚢
  3. 卵形嚢
  4. 半規管
解答・解説を見る
解答:

問44

マクロファージについて誤っているのはどれか。

  1. ヒスタミンを分泌する。
  2. 異物を貪食する。
  3. リンパ球に抗原提示する。
  4. 血中の単球に由来する細胞である。
解答・解説を見る
解答: