国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2011年(H23年)第19回 はり師・きゅう師国家試験

病理学 (問題45〜51)

問45

疾患とその原因との組合せで正しいのはどれか。

  1. ウイルソン病  ― 鉄
  2. 壊血病     ― ビタミンB1
  3. イタイイタイ病 ― 有機水銀
  4. 偽膜性腸炎   ― クロストリジウム デフィシレ
解答・解説を見る
解答:

問46

出血性梗塞を最も起こしやすい臓器はどれか。

  1. 脾臓
  2. 小腸
  3. 腎臓
解答・解説を見る
解答:

問47

吐血の患者で食道静脈瘤を認めた。最も考えられる原因はどれか。

  1. 肝硬変
  2. 肺うっ血
  3. 腹膜炎
  4. 心臓弁膜症
解答・解説を見る
解答:

問48

植物状態について正しいのはどれか。

  1. 脳死状態である。
  2. 人工呼吸器が必要である。
  3. 意思の疎通ができる。
  4. 脳幹の機能は保たれている。
解答・解説を見る
解答:

問49

線維素性炎に分類されてる疾患はどれか。

  1. 劇症肝炎
  2. 大葉性肺炎
  3. カタル性鼻炎
  4. 蜂巣炎(蜂窩織炎)
解答・解説を見る
解答:

問50

自己免疫疾患と合併病変との組合せで正しいのはどれか。

  1. 全身性エリテマトーデス ― 糸球体腎炎
  2. 関節リウマチ      ― 内臓悪性腫瘍
  3. 橋本病         ― アフタ性口内炎
  4. 進行性全身性硬化症   ― 胆汁うっ滞
解答・解説を見る
解答:

問51

我が国における最近のがん死亡統計について正しい記述はどれか。

  1. 男性死亡者数は肝がんが最も多い。
  2. 女性死亡者数は乳がんが最も多い。
  3. 肺がん死亡者数は増加している。
  4. 大腸がん死亡者数は減少している。
解答・解説を見る
解答: