国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2011年(H23年)第19回 はり師・きゅう師国家試験

解剖学 (問題15〜30)

問15

体表構造について中胚葉に由来するのはどれか。

  1. 表皮
  2. 真皮
解答・解説を見る
解答:

問16

下顎骨との間で顎関節を形成するのはどれか。

  1. 頬骨
  2. 上顎骨
  3. 蝶形骨
  4. 側頭骨
解答・解説を見る
解答:

問17

肩甲骨に関する記述で正しいのはどれか。

  1. 関節窩は上角にある。
  2. 肩甲切痕を腋窩神経が通る。
  3. 肩峰は体表から触れることができる。
  4. 烏口突起に大胸筋が停止する。
解答・解説を見る
解答:

問18

咀嚼筋で下顎骨を前方に移動させる働きがあるのはどれか。

  1. 外側翼突筋
  2. 内側翼突筋
  3. 咬筋
  4. 側頭筋
解答・解説を見る
解答:

問19

脊柱起立筋に属するのはどれか。

  1. 頭長筋
  2. 腸肋筋
  3. 腸骨筋
  4. 大腰筋
解答・解説を見る
解答:

問20

下肢の筋について正しい記述はどれか。

  1. 梨状筋の腱は小坐骨切痕を通る。
  2. 半腱様筋の腱は膝窩の内側を通る。
  3. 短腓骨筋の腱は内果の後ろを通る。
  4. 下腿三頭筋の腱は足根管を通る。
解答・解説を見る
解答:

問21

気管について正しい記述はどれか。

  1. 輪状軟骨の下縁に始まる。
  2. 食道の後方にある。
  3. 第2胸椎の高さで左右の気管支に分岐する。
  4. 軟骨が全周を取り囲む。
解答・解説を見る
解答:

問22

消化管で腹膜垂がみられるのはどれか。

  1. 十二指腸
  2. 回腸
  3. 横行結腸
  4. 直腸
解答・解説を見る
解答:

問23

心臓について正しい記述はどれか。

  1. 心尖は第2肋間の高さに位置する。
  2. 右房室弁は僧帽弁という。
  3. 心臓の静脈血は上大静脈に注ぐ。
  4. 洞房結節は上大静脈の開口部に位置する。
解答・解説を見る
解答:

問24

静脈とそれが直接注ぐ静脈との組合せで正しいのはどれか。

  1. 奇静脈    ― 腕頭静脈
  2. 精巣静脈   ― 内腸骨静脈
  3. 内頸静脈   ― 上大静脈
  4. 上腸間膜静脈 ― 門脈
解答・解説を見る
解答:

問25

リンパ系について正しい記述はどれか。

  1. 舌扁桃はワルダイエルの咽頭輪を構成する。
  2. 胸腺はBリンパ球を産生する。
  3. 脾臓は腹膜後器官の1つである。
  4. 集合リンパ小節は空腸で発達する。
解答・解説を見る
解答:

問26

中枢神経の部位と機能との組合せで正しいのはどれか。

  1. 視床 ― 内分泌機能の調節
  2. 中脳 ― 体温調節の中枢
  3. 小脳 ― 平衡機能の調節
  4. 延髄 ― 情動行動の中枢
解答・解説を見る
解答:

問27

脊髄神経について正しい記述はどれか。

  1. 全部で25対ある。
  2. 脊髄神経節は前根に存在する。
  3. 第5頸神経は第4頸椎の下から出る。
  4. 腰神経には副交感神経線維が含まれる。
解答・解説を見る
解答:

問28

上肢の皮膚領域と分布する神経との組合せで正しいのはどれか。

  1. 上腕の後面  ― 橈骨神経
  2. 前腕の外側半 ― 尺骨神経
  3. 前腕の後面  ― 正中神経
  4. 小指球    ― 筋皮神経
解答・解説を見る
解答:

問29

平衡感覚器について正しい記述はどれか。

  1. 鼓膜の振動は最初にアブミ骨に伝わる。
  2. 卵形嚢は前庭にある。
  3. 蝸牛管内の振動は鼓室階から前庭階へと伝わる。
  4. 半規管は身体の傾きを感知する。
解答・解説を見る
解答:

問30

感覚受容器と神経との組合せで正しいのはどれか。

  1. 平衡斑  ― 舌咽神経
  2. 味蕾   ― 舌下神経
  3. 網膜   ― 眼神経
  4. コルチ器 ― 蝸牛神経
解答・解説を見る
解答: