国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2011年(H23年)第19回 はり師・きゅう師国家試験

生理学 (問題31〜44)

問31

血液への添加で溶血を起こすのはどれか。

  1. ナトリウムイオン
  2. 蒸留水
  3. カルシウムイオン
  4. トロンビン
解答・解説を見る
解答:

問32

肺における体液の酸塩基平衡に関与するのはどれか。

  1. 酸素の吸収
  2. 窒素の吸収
  3. 二酸化炭素の排泄
  4. 水分の排泄
解答・解説を見る
解答:

問33

大腸について正しい記述はどれか。

  1. 大腸液は消化酵素を含まない。
  2. 水分の約80%が吸収される。
  3. 蠕動運動は交感神経の活動によって促進される。
  4. 大蠕動が起こらない。
解答・解説を見る
解答:

問34

脂質について正しい記述はどれか。

  1. 水溶性物質である。
  2. 細胞膜を構成する材料とならない。
  3. グリセリンはβ酸化されてATPを産生する。
  4. 酵素で分解されて脂肪酸とグリセリンになる。
解答・解説を見る
解答:

問35

大動脈弓の圧受容器が刺激されたときに起こる反応はどれか。

  1. 血圧の低下
  2. 心拍数の増加
  3. 呼吸運動の促進
  4. 消化管運動の抑制
解答・解説を見る
解答:

問36

肺活量を表す式として正しいのはどれか。

  1. 肺活量=1回換気量+予備吸気量+予備呼気量
  2. 肺活量=1回換気量+予備吸気量
  3. 肺活量=1回換気量+予備呼気量
  4. 肺活量=予備吸気量+予備呼気量
解答・解説を見る
解答:

問37

集合管において水の再吸収を促すホルモンはどれか。

  1. アドレナリン
  2. 心房性ナトリウム利尿ペプチド
  3. バゾプレッシン
  4. パラソルモン
解答・解説を見る
解答:

問38

血液中のグルコース濃度変化によって分泌が調節されるホルモンはどれか。

  1. アルドステロン
  2. エストロゲン
  3. パラソルモン
  4. グルカゴン
解答・解説を見る
解答:

問39

反射中枢が脊髄にあるのはどれか。

  1. 開口反射
  2. 緊張性頚反射
  3. 交叉性伸張反射
  4. 緊張性迷路反射
解答・解説を見る
解答:

問40

ホメオスタシスについて誤っている記述はどれか。

  1. 体温(核心温度)は約37℃に維持されている。
  2. 血糖値は約200mg/dlに維持されている。
  3. 細胞外液のpHは約7.4に維持されている。
  4. 血漿カルシウム濃度は約10mg/dlに維持されている。
解答・解説を見る
解答:

問41

生理的老化の特徴として正しい記述はどれか。

  1. 各機能が同じ速度で低下する。
  2. 個体差が大きい。
  3. 安静時機能の低下が著しい。
  4. 環境変化に対する応用能力はよく保たれる。
解答・解説を見る
解答:

問42

側頭葉にあるのはどれか。

  1. 感覚性言語中枢
  2. 運動性言語中枢
  3. 体性感覚野
  4. 味覚野
解答・解説を見る
解答:

問43

副交感神経節後線維末端から放出される神経伝達物質はどれか。

  1. ノルアドレナリン
  2. アセチルコリン
  3. セロトニン
  4. ドパミン
解答・解説を見る
解答:

問44

内因性発痛物質はどれか。

  1. モルヒネ
  2. βエンドルフィン
  3. エンケファリン
  4. ブラジキニン
解答・解説を見る
解答: