国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2011年(H23年)第19回 はり師・きゅう師国家試験

東洋医学概論 (問題92〜105)

問92

「陰が不足すれば陽が優勢となり、陽が不足すれば陰が優勢となる」を表現するのはどれか。

  1. 陰陽互根
  2. 陰陽消長
  3. 陰陽転化
  4. 陰陽制約
解答・解説を見る
解答:

問93

次の組合せのうち各々が属する五行が相剋関係にあるのはどれか。

  1. 唾 ― 涙
  2. 坐 ― 臥
  3. 魄 ― 魂
  4. 握 ― 憂
解答・解説を見る
解答:

問94

脾虚の症状はどれか。

  1. 陽萎
  2. 軟便下痢
  3. 咳嗽
  4. 目のかすみ
解答・解説を見る
解答:

問95

次の文で示す経脈病証はどれか。「顔面の麻痺、下腿前面外側と足背の痛み。」

  1. 大腸経
  2. 胃経
  3. 胆経
  4. 肝経
解答・解説を見る
解答:

問96

次の文で示す経脈病証はどれか。「耳鳴りがして音が聞こえにくい。目尻から頰にかけて痛み、発汗を呈する。」

  1. 小腸経
  2. 胆経
  3. 三焦経
  4. 腎経
解答・解説を見る
解答:
次の文で示す患者について、問題97、問題98の問に答えよ。「55歳の女性。皮下出血しやすく、皮膚はかさつき、腹が脹る。月経時に血塊を伴う。」

問97

最も考えられる病証はどれか。

  1. 水滞
  2. 血虚
  3. 気逆
  4. 瘀血
解答・解説を見る
解答:

問98

この患者の舌証として正しいのはどれか。

  1. 紫舌
  2. 燥苔
  3. 胖舌
  4. 灰苔
解答・解説を見る
解答:

問99

津液の不足による症状はどれか。

  1. 小便自利
  2. 目眩
  3. 口渇
  4. 自汗
解答・解説を見る
解答:

問100

六経病証の頭痛分類で正しい組合せはどれか。

  1. 頭頂部 ― 厥陰経頭痛
  2. 前頭部 ― 太陽経頭痛
  3. 後頭部 ― 少陽経頭痛
  4. 側頭部 ― 陽明経頭痛
解答・解説を見る
解答:

問101

所見と病証との組合せで正しいのはどれか。

  1. 口淡   ― 脾気虚証
  2. 口苦   ― 脾陽虚証
  3. 厭食   ― 胃寒証
  4. 消穀善飢 ― 脾気虚証
解答・解説を見る
解答:

問102

八綱病証で実証はどれか。

  1. 疼痛部を押すと痛みが増強する。
  2. 長期間微熱が続いている。
  3. 小便の回数が多い。
  4. 鈍痛が持続している。
解答・解説を見る
解答:

問103

施灸で補法はどれか。

  1. 取穴数を多くする。
  2. 間を置かず施灸する。
  3. 艾炷を強く押しつけて置く。
  4. 艾炷の底面を小さくする。
解答・解説を見る
解答:

問104

六部定位脈診で左手尺中の沈が虚している場合、難経六十九難に基づく配穴で適切な組合せはどれか。

  1. 中衝 ― 大敦
  2. 尺沢 ― 陰谷
  3. 陰谷 ― 曲泉
  4. 経渠 ― 復溜
解答・解説を見る
解答:

問105

迎隨の補瀉で補法はどれか。

  1. 孔最に肘関節に向けて刺す。
  2. 地機に足関節に向けて刺す。
  3. 三陽絡に手関節に向けて刺す。
  4. 陰市に膝関節に向けて刺す。
解答・解説を見る
解答: