国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2012年(H24年)第20回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

艾燃焼時の特有の芳香はどれによるか。

  1. 葉緑素
  2. 毛茸
  3. 夾雑物
  4. 腺毛
解答・解説を見る
解答:

問152

灸術の種類で正しい組合せはどれか。

  1. 棒灸  - 温灸
  2. 紅灸  - 隔物灸
  3. 八分灸 - 透熱灸
  4. 糸状灸 - 知熱灸
解答・解説を見る
解答:

問153

透熱灸を避けるべき部位はどれか。

  1. 頭頂部
  2. 顔面部
  3. 下腹部
  4. 殿部
解答・解説を見る
解答:

問154

有痕灸を行う場合、最も注意しなければならない疾患はどれか。

  1. 骨粗鬆症
  2. 更年期障害
  3. 糖尿病
  4. 過敏性腸症候群
解答・解説を見る
解答:

問155

灸痕化膿の予防法で正しいのはどれか。

  1. 灸痕部の痂皮を掻爬しない。
  2. 艾炷の底面積を大きくする。
  3. 壮数を重ねる場合、施灸部を少しずつずらす。
  4. 施灸後、施術部をラビング法で消毒する。
解答・解説を見る
解答:

問156

灸刺激の伝導路に関与するのはどれか。

  1. 後索核
  2. 延髄網様体
  3. 内側毛帯
  4. 腹側脊髄視床路
解答・解説を見る
解答:

問157

透熱灸刺激によって生じる局所炎症反応の際に起こるのはどれか。

  1. ヒスタミンの分解
  2. 痛覚過敏
  3. 虚血
  4. 血管透過性の低下
解答・解説を見る
解答:

問158

施灸直後の反応でみられないのはどれか。

  1. ヒスタミン放出
  2. 白血球増多
  3. 赤血球増多
  4. CGRP放出
解答・解説を見る
解答:

問159

内因性オピオイドの特徴について正しい記述はどれか。

  1. 血液脳関門を通過することができる。
  2. βエンドルフィンは脊髄後角に多く含まれる。
  3. ナロキソンにより作用が増強する。
  4. 体内では短時間で分解される。
解答・解説を見る
解答:

問160

セリエのストレス学説に関する事項はどれか。

  1. 条件反射
  2. 警告反応期
  3. 反応の非恒常性
  4. 発汗の減少
解答・解説を見る
解答: