国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2012年(H24年)第20回 はり師・きゅう師国家試験

東洋医学概論 (問題92〜105)

問92

五行色体で相剋関係にある組合せはどれか。

  1. 焦 - 臊
  2. 面 - 唇
  3. 憂 - 噦 
  4. 汗 - 涕
解答・解説を見る
解答:

問93

津液について正しい記述はどれか。

  1. 津液は腎と膀胱で生成される。
  2. 津液の代謝機構を三焦気化という。
  3. 津液は経脈を通じて全身に流れる。
  4. 津液が停滞する病理変化を津傷という。
解答・解説を見る
解答:

問94

所見と病証との組み合わせで正しいのはどれか。

  1. 隠痛 - 陰実証
  2. 潮熱 - 陽実証
  3. 盗汗 - 陰虚証
  4. 拒按 - 陽虚証
解答・解説を見る
解答:

問95

五志に含まれないのはどれか。

解答・解説を見る
解答:

問96

食滞について誤っている記述はどれか。

  1. 食を嫌う。
  2. 呑酸がある。
  3. 大便に酸臭がある。
  4. 消渇が起こる。
解答・解説を見る
解答:

問97

次の文で示す経脈病証に用いる経穴について適切なのはどれか。「舌の根元の痛み、腹部膨満感、下 痢、全身倦怠感、下肢内側の痛み。」

  1. 太渓
  2. 衝陽
  3. 太白
  4. 侠渓
解答・解説を見る
解答:

問98

一定の時刻に発熱する特徴をもつのはどれか。

  1. 壮熱
  2. 潮熱
  3. 但熱不寒
  4. 往来寒熱
解答・解説を見る
解答:

問99

「45歳の男性。首や肩のこりが強く、寝汗をよくかき熟睡できない。便が硬く排便しづらい。」最 も考えられる病証はどれか。

  1. 気虚証
  2. 血虚証
  3. 陽虚証
  4. 陰虚証
解答・解説を見る
解答:

問100

「45歳の男性。首や肩のこりが強く、寝汗をよくかき熟睡できない。便が硬く排便しづらい。」 この患者の舌の所見と脈状との組合せで正しいのはどれか。

  1. 胖舌 - 結脈
  2. 痩舌 - 滑脈
  3. 紅舌 - 細脈 
  4. 淡舌 - 弦脈
解答・解説を見る
解答:

問101

季肋部で診る腹証はどれか

  1. 心下痞鞭
  2. 胸脇苦満
  3. 裏急
  4. 小腹急結
解答・解説を見る
解答:

問102

「頭痛、首と肩がこる、手足の関節が痛む、厚着をしても寒い、微熱、薄白苔、緊脈。」最も考えられる病証はどれか。

  1. 表熱
  2. 裏熱
  3. 表寒 
  4. 裏寒
解答・解説を見る
解答:

問103

「頭痛、首と肩がこる、手足の関節が痛む、厚着をしても寒い、微熱、薄白苔、緊脈。」この患者の症状として正しいのはどれか。

  1. 口渇
  2. 食欲不振
  3. 無汗
  4. 泄瀉
解答・解説を見る
解答:

問104

九変に応ずる刺法で筋痺のときに圧痛点へ刺すのはどれか。

  1. 焠刺
  2. 絡刺
  3. 輸刺
  4. 経刺
解答・解説を見る
解答:

問105

難経六十九難の法則で脾虚証に補法を行う経穴はどれか。

  1. 至陰
  2. 大都
  3. 復溜
  4. 曲泉
解答・解説を見る
解答: