国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2014年(平成26年)第22回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

艾の製造過程で細かな不純物を除去する用具はどれか。

  1.  裁断機
  2.  石 臼
  3.  けんどん(長唐箕)
  4.  唐 箕
解答・解説を見る
解答:
4

問152

粗悪艾の特徴で正しいのはどれか。

  1.  繊維が細かい。
  2.  乾燥している。
  3.  燃焼時の最高温度が低い。
  4.  燃焼時間が長い。
解答・解説を見る
解答:
4

問153

施灸部の組織を破壊する目的で行う灸法はどれか。

  1.  知熱灸
  2.  透熱灸
  3.  焦灼灸
  4.  押 灸
解答・解説を見る
解答:
3

問154

艾を使用する灸法はどれか。

  1.  漆 灸
  2.  塩 灸
  3.  水 灸
  4.  紅 灸
解答・解説を見る
解答:
2,3

問155

WHOのガイドラインにおいて有痕灸を避ける部位にある経穴はどれか。

  1.  承 泣
  2.  兪 府
  3.  長 強
  4.  労 宮
解答・解説を見る
解答:
1

問156

半米粒大の施灸で灸痕の化膿を防止する方法として正しいのはどれか。

  1.  痂疲を掻破する。
  2.  水疱を掻破する。
  3.  硬い艾?を使用する。
  4.  同一点に施灸する。
解答・解説を見る
解答:
4

問157

施灸に際して行う患者の皮膚消毒で正しいのはどれか。

  1.  ラビング法で行う。
  2.  施灸前後に行う。
  3.  薬剤は次亜塩素酸ナトリウムを用いる。
  4.  施灸部位を往復しながら清拭する。
解答・解説を見る
解答:
2

問158

灸による温熱刺激の受容・伝導について正しいのはどれか。

  1.  熱刺激で開くイオンチャネルが関与する。
  2.  II群線維により伝導される。
  3.  腹側脊髄視床路を上行する。
  4.  温度感覚は順応が起こりにくい。
解答・解説を見る
解答:
1

問159

足三里穴に施灸して胃の機能が改善したとき 関与したと考えられる反射はどれか。

  1.  軸索反射
  2.  深部反射
  3.  内臓-体性反射
  4.  体性-自律神経反射
解答・解説を見る
解答:
4

問159

足三里穴に施灸して胃の機能が改善したとき 関与したと考えられる反射はどれか。

  1.  軸索反射
  2.  深部反射
  3.  内臓-体性反射
  4.  体性-自律神経反射
解答・解説を見る
解答:
4