国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2014年(平成26年)第22回 はり師・きゅう師国家試験

臨床医学各論 (問題60〜83)

問60

徴候と疾患との組合せで正しいのはどれか。

  1.  ティネル徴候陽性 ――――――― 総腓骨神経麻痺
  2.  ペインフルアーク徴候陽性 ――― 胸郭出口症候群
  3.  トレンデレンブルグ徴候陽性 ―― 腰椎椎間板ヘルニア
  4.  アリス徴候陽性 ―――――――― 変形性膝関節症
解答・解説を見る
解答:
1

問61

装具と疾患との組合せで正しいのはどれか。

  1.  ボストンブレース ―――――― 変形性頚椎症
  2.  リーメンビューゲル装具 ――― 先天性股関節脱臼
  3.  デニスブラウン副子 ――――― 扁平足
  4.  フォンローゼン装具 ――――― ペルテス病
解答・解説を見る
解答:
2

問62

膵癌について正しいのはどれか。

  1.  膵体部に好発する。
  2.  内分泌腫瘍が多い。
  3.  膵尾部癌では早期に症状が現れる。
  4.  CA19-9は診断的価値が高い。
解答・解説を見る
解答:
4

問63

デュシェンヌ型筋ジストロフィーについて正しいのはどれか。

  1.  女性に多い。
  2.  関節の拘縮のため踵足になる。
  3.  ガワーズ徴候がみられる。
  4.  血清CK値は正常である。
解答・解説を見る
解答:
3

問64

肺結核について正しいのはどれか。

  1.  接触感染の頻度が高い。
  2.  一次結核症の頻度が高い。
  3.  クオンティフェロン法は診断に用いられる。
  4.  糖尿病合併患者では再発率が低い。
解答・解説を見る
解答:
3

問65

急性心筋梗塞の検査項目で最も有用性が高いのはどれか。

  1.  赤血球数
  2.  コリンエステラーゼ
  3.  トロポニンT
  4.  ALP
解答・解説を見る
解答:
3

問66

全身性硬化症(強皮症)でみられるのはどれか。

  1.  出血傾向
  2.  ブドウ膜炎
  3.  肺線維症
  4.  リンパ節腫脹
解答・解説を見る
解答:
3

問67

アトピー性皮膚炎について誤っているのはどれか。

  1.  II型アレルギーである。
  2.  季節により症状が変動しやすい。
  3.  気管支喘息と合併しやすい。
  4.  家系内発症がみられやすい。
解答・解説を見る
解答:
1

問68

関節疾患について正しいのはどれか。

  1.  関節拘縮の原因は関節包内の骨・軟骨にある。
  2.  変形性関節症は退行変性である。
  3.  関節リウマチの原因は細菌である。
  4.  関節強直の原因は関節包外の軟部組織にある。
解答・解説を見る
解答:
2

問69

疾患と徒手検査との組合せで正しいのはどれか。

  1.  上腕骨外側上顆炎 ―― チェアテスト
  2.  胸郭出口症候群 ――― スピードテスト
  3.  手根管症候群 ―――― ライトテスト
  4.  腱板炎 ――――――― ファレンテスト
解答・解説を見る
解答:
1

問70

緑内障でみられるのはどれか。

  1.  結膜の炎症
  2.  眼球の陥凹
  3.  水晶体の混濁
  4.  視野の障害
解答・解説を見る
解答:
4

問71

腎疾患と所見との組合せで正しいのはどれか。

  1.  急性糸球体腎炎 ―――― 低血圧
  2.  ネフローゼ症候群 ――― 低コレステロール血症
  3.  急性腎不全 ―――――― 代謝性アシドーシス
  4.  慢性腎不全 ―――――― 低リン血症
解答・解説を見る
解答:
3

問72

メルゼブルクの三主徴でないのはどれか。

  1.  発汗過多
  2.  頻 脈
  3.  眼球突出
  4.  甲状腺腫大
解答・解説を見る
解答:
1

問73

原発性アルドステロン症でみられるのはどれか。

  1.  高マグネシウム血症
  2.  低ナトリウム血症
  3.  アシドーシス
  4.  血漿レニン活性低値
解答・解説を見る
解答:
4

問74

骨疾患と好発時期との組合せで正しいのはどれか。

  1.  くる病 ――――― 小児期
  2.  骨肉腫 ――――― 老年期
  3.  転移性骨腫瘍 ―― 青年期
  4.  骨粗鬆症 ―――― 思春期
解答・解説を見る
解答:
1

問75

症候群と神経との組合せで正しいのはどれか。

  1.  肘部管症候群 ―――― 橈骨神経
  2.  手根管症候群 ―――― 正中神経
  3.  梨状筋症候群 ―――― 大腿神経
  4.  足根管症候群 ―――― 総腓骨神経
解答・解説を見る
解答:
2

問76

外反母趾について正しいのはどれか。

  1.  凹足に発症することが多い。
  2.  足の内在筋の弱化は認めない。
  3.  第1中足趾節関節は上方に突出する。
  4.  バニオンは滑液包の腫脹である。
解答・解説を見る
解答:
4

問77

次の文で症例について、問題77、問題78の問いに答えよ。「26歳の男性。全身倦怠感を主訴に来院した。視診上、黄疸を認め、ウイルスマーカー検査ではIgM-HA抗体陽性、HBs抗原陰性、HCV-RNA陰性であった。」感染の原因として最も考えられるのはどれか。

  1.  ハンバーガー
  2.  いずし
  3.  生ガキ
  4.  鶏生肉
解答・解説を見る
解答:
3

問78

本疾患で正しいのはどれか。

  1.  発熱を前駆症状として発症する。
  2.  インターフェロン療法が有効である。
  3.  慢性化する。
  4.  輸血によっても発症する。
解答・解説を見る
解答:
1

問79

次の文で症例について、問題79、問題80の問いに答えよ。「58歳の女性。数年前から左手の第4指の近位指節間関節の腫脹に気がついた。特に疼痛はなかったが、今年になって右手の第4指近位指節間関節の腫脹もみられるようになった。」本疾患について適切でないのはどれか。

  1.  女性に多い。
  2.  家族歴がある。
  3.  皮下結節がみられる。
  4.  骨棘形成がみられる。
解答・解説を見る
解答:
3,4

問80

本患者の治療で有効なのはどれか。

  1.  非ステロイド系抗炎症薬
  2.  カルシトニン
  3.  ビタミンD製剤
  4.  ビタミンB6
解答・解説を見る
解答:
1

問81

特発性三叉神経痛について正しいのはどれか。

  1.  若年者に多い。
  2.  前駆症状を伴う。
  3.  罹患枝は第2枝が多い。
  4.  痛みは持続的である。
解答・解説を見る
解答:
3

問82

片頭痛について正しいのはどれか。

  1.  50歳代に多い。
  2.  閃輝暗点がみられる。
  3.  痛みは非拍動性である。
  4.  入浴が有効である。
解答・解説を見る
解答:
2

問83

メニエール病の症状としてみられないのはどれか。

  1.  耳 漏
  2.  耳鳴り
  3.  難 聴
  4.  眩 暈
解答・解説を見る
解答:
1