国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2015年(平成27年)第23回 はり師・きゅう師国家試験

東洋医学概論 (問題89〜101)

問89

生体リズムに関する陰陽学説で最も適切なのはどれか。

  1.  陰陽消長
  2.  陰陽対立
  3.  陰陽制約
  4.  陰陽互根
解答・解説を見る
解答:
1

問90

後天の精から得られた水穀の悍気はどれか。

  1.  胃 気
  2.  営 気
  3.  衛 気
  4.  宗 気
解答・解説を見る
解答:
3

問91

臓腑の働きと五華の組合せで正しいのはどれか。

  1.  精を蔵する ―――― 爪
  2.  神を蔵する ―――― 毛
  3.  血を蔵する ―――― 面 色
  4.  営を蔵する ―――― 唇
解答・解説を見る
解答:
4

問92

元気の説明で正しいのはどれか。

  1.  血とともに脈中を行く。
  2.  清気とも言う。
  3.  夜間に人体の陰の部を二十五周する。
  4.  先天の精が変化生成したものである。
解答・解説を見る
解答:
4

問93

経脈で表裏関係にある組合せはどれか

  1.  太陰経 ―――― 陽明経
  2.  厥陰経 ―――― 太陽経
  3.  少陰経 ―――― 陽明経
  4.  少陽経 ―――― 少陰経
解答・解説を見る
解答:
1

問94

外邪で収斂作用をもち、皮毛を収縮させるのはどれか。

  1.  風 邪
  2.  湿 邪
  3.  寒 邪
  4.  暑 邪
解答・解説を見る
解答:
3

問95

_雑がみられる病証はどれか。

  1.  胃の虚熱
  2.  食 滞
  3.  胃の実熱
  4.  脾胃の湿熱
解答・解説を見る
解答:
1・3

問96

六経弁証の少陽病証でみられるのはどれか。

  1.  悪 風
  2.  口 苦
  3.  下 痢
  4.  高 熱
解答・解説を見る
解答:
2

問97

次の文で示す経脈病証はどれか。「上肢がひきつり、手掌のほてりがある。胸苦しく、精神的に不安定である。」

  1.  肺 経
  2.  心 経
  3.  心包経
  4.  三焦経
解答・解説を見る
解答:
3

問98

次の文で示す患者の病証で適切なのはどれか。「16歳の男子。試験前になると食欲不振、腹部膨満感が起こる。腹鳴や腹痛を伴う下痢を頻発する。」

  1.  脾胃の湿熱
  2.  肝腎の陰虚
  3.  脾腎の陽虚
  4.  肝脾の不調
解答・解説を見る
解答:
4

問99

次の文で示す患者について、はき23-99、はき23-99の問いに答えよ。「56歳の男性。主訴は食欲不振。腹部の痞えや膨満感、重痛を伴う。口が粘る、口苦、臭いの強い下痢がみられる。最も適切な病証はどれか。

  1.  気 滞
  2.  陽 虚
  3.  陰 虚
  4.  湿 熱
解答・解説を見る
解答:
4

問100

次の文で示す患者について、はき23-99、はき23-99の問いに答えよ。「56歳の男性。主訴は食欲不振。腹部の痞えや膨満感、重痛を伴う。口が粘る、口苦、臭いの強い下痢がみられる。本患者の病証でみられる脈状はどれか。

  1.  _ 脈
  2.  滑 脈
  3.  結 脈
  4.  細 脈
解答・解説を見る
解答:
2

問101

次の文で示す経脈病証に対し、難経六十九難の治療法則を考慮して施術を行う場合、最も適切な経穴はどれか。「顔色が黒ずむ、呼吸が苦しく咳がでる、立ちくらみ、食欲がない、寝ることを好んで起きたがらない。」

  1.  太 渓
  2.  大 都
  3.  曲 泉
  4.  経 渠
解答・解説を見る
解答:
4