国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2015年(平成27年)第23回 はり師・きゅう師国家試験

はり理論 (問題141〜150)

問141

毫鍼について誤っているのはどれか。

  1.  鍼体長は鍼根から鍼尖までをいう。
  2.  3番鍼は20号鍼である。
  3.  1寸3分の鍼体長は50mmである。
  4.  鍼尖の形状に松葉型がある。
解答・解説を見る
解答:
3

問142

押手の周囲圧の目的はどれか。

  1.  鍼体を保持する。
  2.  刺鍼部の皮膚を圧迫する。
  3.  押手がずれないようにする。
  4.  筋肉の緊張状態をはかる。
解答・解説を見る
解答:
3

問143

刺入した鍼の角度を変える手技はどれか。

  1.  乱鍼術
  2.  鍼尖転移術
  3.  副刺激術
  4.  刺鍼転向術
解答・解説を見る
解答:
4

問144

機械刺激と温熱刺激を同時に与えることができるのはどれか。

  1.  吸角療法
  2.  灸頭鍼法
  3.  鍼通電療法
  4.  皮内鍼法
解答・解説を見る
解答:
2

問145

鍼治療の絶対禁忌はどれか。

  1.  血友病
  2.  慢性閉塞性肺疾患
  3.  三叉神経痛
  4.  慢性胃炎
解答・解説を見る
解答:
1

問146

有害事象と予防・処置の組合せで正しいのはどれか。

  1.  刺鍼後の違和感 ―――― 副刺激術
  2.  抜鍼困難 ――――――― 返し鍼
  3.  気 胸 ―――――――― 丹念な揉捏
  4.  鍼の抜き忘れ ――――― 鍼管数と抜鍼数の照合
解答・解説を見る
解答:
4

問147

鍼施術における感染症対策として最も有効なのはどれか。

  1.  エアータオル
  2.  クリーン・ニードル・テクニック
  3.  ベースン法
  4.  逆性石けんを用いた手洗い
解答・解説を見る
解答:
2

問148

刺鍼した際の重だるいひびき感覚を伝える主な神経線維はどれか。

  1.  ?群
  2.  ?群
  3.  ?群
  4.  ?群
解答・解説を見る
解答:
4

問149

右腓腹筋の緊張が亢進しているとき、右承山に刺鍼したところ筋緊張が軽減した。関与したと考えられるのはどれか。

  1.  相反抑制
  2.  屈曲反射
  3.  自原抑制
  4.  伸張反射
解答・解説を見る
解答:
3

問150

鍼鎮痛の発現に関与する物質はどれか。

  1.  セロトニン
  2.  アセチルコリン
  3.  メラトニン
  4.  トロポミオシン
解答・解説を見る
解答:
1