国家試験【はり師・きゅう師師】過去問題

2015年(平成27年)第23回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

良質艾の特徴で正しいのはどれか。

  1.  芳香が少ない。
  2.  淡黄白色である。
  3.  燃焼時の最高温度が高い。
  4.  繊維が粗い。
解答・解説を見る
解答:
2

問152

中指頭大の艾_をすえた後に吸い出し膏を貼る灸法はどれか。

  1.  打膿灸
  2.  焦灼灸
  3.  透熱灸
  4.  薬 灸
解答・解説を見る
解答:
1

問153

湿性温灸はどれか。

  1.  知熱灸
  2.  棒 灸
  3.  ショウガ灸
  4.  温筒灸
解答・解説を見る
解答:
3

問154

有痕灸を避けるべき経穴はどれか。

  1.  陰 都
  2.  迎 香
  3.  侠 渓
  4.  前 頂
解答・解説を見る
解答:
2

問155

施灸部の化膿を防止する対策として最も適切なのはどれか。

  1.  壮数を重ねる際にずらして施灸する。
  2.  艾_の底面積を広くする。
  3.  施灸部に生じた水庖の排液を行う。
  4.  施灸部の消毒を行う。
解答・解説を見る
解答:
4

問156

施灸により蛋白質の変性が起き始める温度はどれか。

  1.  45℃
  2.  60℃
  3.  75℃
  4.  100℃
解答・解説を見る
解答:
1

問157

施灸により局所の鎮痛に作用するのはどれか。

  1.  交感神経活動の亢進
  2.  ストレス蛋白質の産生
  3.  皮膚血流の増加
  4.  筋収縮
解答・解説を見る
解答:
3

問158

次の文について、はき23-158、はき23-158の問いに答えよ。「45歳の女性。両下腿に冷えを訴えて来院。愁訴を改善する目的で、両側の三陰交に半米粒大の透熱灸5壮の施術を行った。」 目的とした治療的作用はどれか。

  1.  防衛作用
  2.  矯正作用
  3.  鎮静作用
  4.  誘導作用
解答・解説を見る
解答:
4

問159

次の文について、はき23-158、はき23-158の問いに答えよ。「45歳の女性。両下腿に冷えを訴えて来院。愁訴を改善する目的で、両側の三陰交に半米粒大の透熱灸5壮の施術を行った。」施灸部に生じた膨隆に関与するのはどれか。

  1.  エンケファリン
  2.  伸展受容器
  3.  サブスタンスP
  4.  高閾値機械受容器
解答・解説を見る
解答:
3

問159

次の文について、はき23-158、はき23-158の問いに答えよ。「45歳の女性。両下腿に冷えを訴えて来院。愁訴を改善する目的で、両側の三陰交に半米粒大の透熱灸5壮の施術を行った。」施灸部に生じた膨隆に関与するのはどれか。

  1.  エンケファリン
  2.  伸展受容器
  3.  サブスタンスP
  4.  高閾値機械受容器
解答・解説を見る
解答:
3