国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2015年(平成27年)第23回 はり師・きゅう師国家試験

臨床医学各論 (問題58〜80)

問58

筋萎縮性側索硬化症でみられるのはどれか。

  1.  膀胱直腸障害
  2.  感覚障害
  3.  嚥下障害
  4.  眼球運動障害
解答・解説を見る
解答:
3

問59

甲状腺機能亢進症でよくみられる症状はどれか。

  1.  体重減少
  2.  発汗量減少
  3.  食欲低下
  4.  記憶力低下
解答・解説を見る
解答:
1

問60

皮膚筋炎でみられるのはどれか。

  1.  ヘリオトロープ疹
  2.  コプリック斑
  3.  スワンネック変形
  4.  ソーセージ様手指
解答・解説を見る
解答:
1

問61

骨疾患と病態の組合せで正しいのはどれか。

  1.  くる病 ―――――― ビタミンC欠乏
  2.  骨軟化症 ――――― 類骨の増加
  3.  骨粗鬆症 ――――― 骨量の増加
  4.  多発性骨髄腫 ――― 骨硬化
解答・解説を見る
解答:
2

問62

筋・腱疾患と運動機能検査の組合せで正しいのはどれか。

  1.  胸郭出口症候群 ――――――― ドロップアームサイン
  2.  腱板損傷 ―――――――――― ヤーガソンテスト
  3.  進行性筋ジストロフィー ――― ガワーズサイン
  4.  上腕骨外側上顆炎 ―――――― ファレンテスト
解答・解説を見る
解答:
3

問63

脊椎・脊髄疾患と身体所見の組合せで正しいのはどれか。

  1.  脊髄ショック ――――――― 痙性麻痺
  2.  頚椎捻挫 ――――――――― バレー・リュー症状
  3.  L3-L4椎間板ヘルニア ―――― アキレス腱反射の低下
  4.  腰部脊柱管狭窄症 ――――― 鶏 歩
解答・解説を見る
解答:
2

問64

過度の動作と傷害の組合せで正しいのはどれか。

  1.  腰部前屈 ――――― 腰部脊椎分離症
  2.  ジャンプ着地 ――― 膝蓋靭帯炎
  3.  ボールキック ――― 膝前十字靭帯損傷
  4.  バットの素振り ―― 手の舟状骨骨折
解答・解説を見る
解答:
2

問65

頚椎症について正しいのはどれか。

  1.  脊髄症型では一側の肩甲背部の疼痛が起こる。
  2.  神経根型では深部反射亢進が起こる。
  3.  関連痛型では手術療法が第1選択である。
  4.  保存療法では頚椎牽引が有効である。
解答・解説を見る
解答:
4

問66

骨肉腫の初発症状でよくみられるのはどれか。

  1.  発 熱
  2.  運動時痛
  3.  腫 脹
  4.  間欠跛行
解答・解説を見る
解答:
2

問67

僧帽弁狭窄症について正しいのはどれか。

  1.  先天性が多い。
  2.  心拍出量は増加する。
  3.  左房圧は低下する。
  4.  心房細動の合併が多い。
解答・解説を見る
解答:
4

問68

狭心症について正しいのはどれか。

  1.  心電図ではP波の変化が特徴である。
  2.  発作時にはニトログリセリンが有効である。
  3.  冠攣縮型による狭心症は日中に起こりやすい。
  4.  不安定狭心症は心筋梗塞へ移行しにくい。
解答・解説を見る
解答:
2

問69

帯状庖疹の治療に用いられるのはどれか。

  1.  抗菌薬
  2.  抗真菌薬
  3.  抗ウイルス薬
  4.  抗寄生虫薬
解答・解説を見る
解答:
3

問70

パニック障害の症状はどれか。

  1.  息苦しさ
  2.  嗄 声
  3.  妄 想
  4.  幻 聴
解答・解説を見る
解答:
1

問71

自然気胸について正しいのはどれか。

  1.  女性に多い。
  2.  肥満者が多い。
  3.  胸痛をきたすことが多い。
  4.  緊張性気胸となることはない。
解答・解説を見る
解答:
3

問72

慢性腎不全でみられるのはどれか。

  1.  低カリウム血症
  2.  高ナトリウム血症
  3.  高リン血症
  4.  高カルシウム血症
解答・解説を見る
解答:
3

問73

社会的リハビリテーションはどれか。

  1.  特別支援教育
  2.  義肢装具療法
  3.  障害者職業訓練
  4.  訪問介護サービス
解答・解説を見る
解答:
4

問74

半側空間無視の評価に用いる検査項目で正しいのはどれか。

  1.  100から7を順番に引かせる。
  2.  今日の日付を答えさせる。
  3.  直線の中点に印をつけさせる。
  4.  検者の母指と示指で輪をつくり模倣させる。
解答・解説を見る
解答:
3

問75

次の文で示す症例について、はき23-75、はき23-76の問いに答えよ。「20歳の女性。呼吸困難、全身倦怠感の精査のため受診。胸部レントゲン写真で心拡大と肺うっ血を認めた。心エコー検査では左室内腔は著明に拡大し、心室中隔と左室後壁は薄くなっていた。」本疾患の所見で適切なのはどれか。

  1.  尿量増加
  2.  頸静脈怒張
  3.  左房径縮小
  4.  肺動脈圧低下
解答・解説を見る
解答:
2

問76

次の文で示す症例について、はき23-75、はき23-76の問いに答えよ。「20歳の女性。呼吸困難、全身倦怠感の精査のため受診。胸部レントゲン写真で心拡大と肺うっ血を認めた。心エコー検査では左室内腔は著明に拡大し、心室中隔と左室後壁は薄くなっていた。」本疾患に最も有用な血液検査項目はどれか。

  1.  ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド
  2.  アルカリフォスファターゼ
  3.  ロイシンアミノペプチダーゼ
  4.  リパーゼ
解答・解説を見る
解答:
1

問77

次の文で示す症例について、はき23-77、はき23-78の問いに答えよ。「45歳の男性。、高血圧、頻拍発作の精査で受診。血中ナトリウム、カリウム値は正常範囲内であったが、腹部CTにて右副腎部に腫瘍病変を認めた。」本患者によくみられる所見はどれか。

  1.  頭 痛
  2.  発汗量減少
  3.  低血糖
  4.  貧 血
解答・解説を見る
解答:
1

問78

次の文で示す症例について、はき23-77、はき23-78の問いに答えよ。「45歳の男性。、高血圧、頻拍発作の精査で受診。血中ナトリウム、カリウム値は正常範囲内であったが、腹部CTにて右副腎部に腫瘍病変を認めた。」本疾患の診断に最も有用な測定項目はどれか。

  1.  尿中アルブミン
  2.  尿中アミラーゼ
  3.  血中カテコールアミン
  4.  血中CK
解答・解説を見る
解答:
3

問79

次の文で示す症例について、はき23-79、はき23-80の問いに答えよ。「70歳の男性。嚥下障害と体重減少で来院し、食道癌と診断された。さらに右眼瞼下垂と縮瞳が認められた。」本疾患について適切なのはどれか。

  1.  腺癌が多い。
  2.  中部食道に多い。
  3.  化学療法は用いられない。
  4.  予後は良い。
解答・解説を見る
解答:
2

問80

次の文で示す症例について、はき23-79、はき23-80の問いに答えよ。「70歳の男性。嚥下障害と体重減少で来院し、食道癌と診断された。さらに右眼瞼下垂と縮瞳が認められた。」本症例にみられる合併症はどれか。

  1.  上大静脈症候群
  2.  反回神経麻痺
  3.  顔面神経麻痺
  4.  ホルネル症候群
解答・解説を見る
解答:
4