国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2016年(平成28年)第24回 はり師・きゅう師国家試験

東洋医学概論 (問題89〜101)

問89

陰陽学説で同じ属性の組合せはどれか。

  1.  内部――上部
  2.  奇数――老年
  3.  左側――衛気
  4.  静止――急性
解答・解説を見る
解答:
3

問90

五行色体の組合せで正しいのはどれか。

  1.  唾――呻
  2.  香――鼻
  3.  辛――思
  4.  爪――神
解答・解説を見る
解答:
1

問91

肺に作用して発声・呼吸を推動するのはどれか。

  1.  営気
  2.  衛気
  3.  宗気
  4.  元気
解答・解説を見る
解答:
3

問92

五神の志を蔵すのはどれか。

  1.  脾
  2.  肺
  3.  腎
  4.  肝
解答・解説を見る
解答:
3

問93

外邪とその特徴の組合せで正しいのはどれか。

  1.  火邪――動血
  2.  風邪――収斂
  3.  湿邪――遊走性
  4.  寒邪――粘滞性
解答・解説を見る
解答:
1

問94

次の文で示す症状の病因はどれか。「2日前から喉が痛む。鼻がつまり、頭が痛く、顔がむくむ。」

  1.  風邪
  2.  湿邪
  3.  暑邪
  4.  燥邪
解答・解説を見る
解答:
1

問95

腎陽虚証の症状はどれか。

  1.  煩熱
  2.  浮腫
  3.  不眠
  4.  口渇
解答・解説を見る
解答:
2

問96

病証と症状の組合せで正しいのはどれか。

  1.  肝血虚――目の充血
  2.  脾気虚――内臓下垂
  3.  心陽虚――盗汗
  4.  肺陰虚――壮熱
解答・解説を見る
解答:
2

問97

次の文で示す経脈の病証はどれか。「48歳の女性。発汗、喉の腫れがあり、耳が聞こえにくく、耳鳴りが続く。」

  1.  足の陽明経
  2.  手の太陽経
  3.  足の少陰経
  4.  手の少陽経
解答・解説を見る
解答:
4

問98

陰虚にみられる舌苔はどれか。

  1.  厚苔
  2.  潤苔
  3.  膩苔
  4.  少苔
解答・解説を見る
解答:
4

問99

次の文で示す患者の腹診所見はどれか。「75歳の女性。半年前から膝に力が入らない。姿勢は前かがみで、1回の尿量が少なく、足がむくむ。」

  1.  胸脇苦満
  2.  虚里の動
  3.  少(小)腹急結
  4.  小腹不仁
解答・解説を見る
解答:
4

問100

次の文で示す症状に対し、難経六十九難に基づく適切な治療穴はどれか。「食欲がなく、腹部膨満感、下痢があり、手足に無力感がある。」

  1.  足関節後内側、内果尖とアキレス腱の間の陥凹部。
  2.  手掌、第5中手指節関節の近位端と同じ高さ、第4・第5中手骨間
  3.  前腕、橈骨下端の撓側で外側に最も突出した部位と橈骨動脈の間、手関節掌側横紋の上方1寸
  4.  足内側、第1中足指節関節の近位陥凹部、赤白肉際
解答・解説を見る
解答:
2

問101

次の文で示す症状に用いる刺法はどれか。「足から膝にかけて冷えがあり、水様便が出る。」

  1.  短刺
  2.  偶刺
  3.  陰刺
  4.  報刺
解答・解説を見る
解答:
3