国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2016年(平成28年)第24回 はり師・きゅう師国家試験

経絡経穴概論 (問題102〜116)

問102

少海から神門までと同じ骨度はどれか。

  1.  脛骨内側顆下縁から内果尖
  2.  胸骨体下端から恥骨結合上縁
  3.  足指尖から踵
  4.  足三里から解渓
解答・解説を見る
解答:
3

問103

経穴の部位と動脈の組合せで正しいのはどれか。

  1.  人迎―――顔面動脈
  2.  曲沢―――尺骨動脈
  3.  申脈―――後脛骨動脈
  4.  太衝―――足背動脈
解答・解説を見る
解答:
4

問104

長母指外転筋腱と短母指伸筋腱の間にとる経穴はどれか。

  1.  太淵
  2.  偏歴
  3.  陽渓
  4.  列欠
解答・解説を見る
解答:
4

問105

伏在神経の支配領域にある経穴はどれか。

  1.  梁丘
  2.  犢鼻
  3.  足三里
  4.  豊隆
解答・解説を見る
解答:
2

問106

直刺して円回内筋にあたる経穴はどれか。

  1.  四瀆
  2.  少海
  3.  郄門
  4.  尺沢
解答・解説を見る
解答:
2

問107

経穴と筋・腱の位置関係で正しいのはどれか。

  1.  霊道は尺側手根屈筋腱の尺側にある。
  2.  支正は尺側手根伸筋と小指伸筋の間にある。
  3.  曲沢は上腕二頭筋腱の撓側にある。
  4.  間使は長掌筋腱と橈側手根屈筋腱の間にある。
解答・解説を見る
解答:
4

問108

気衝との位置関係で正しいのはどれか。

  1.  下方3寸に足五里がある。
  2.  上方1寸に水道がある。
  3.  外方2寸に衝門がある。
  4.  内方5分に急脈がある。
解答・解説を見る
解答:
1

問109

取穴法で正しいのはどれか。

  1.  豊隆は前脛骨筋の外縁、外果尖の上方6寸に取る。
  2.  光明は腓骨の前縁、外果尖の上方5寸に取る。
  3.  復溜はアキレス腱の前縁、内果尖の上方4寸に取る。
  4.  中都は脛骨内側面の中央、内果尖の上方8寸に取る。
解答・解説を見る
解答:
2

問110

前腕部にある絡穴の部位はどれか。

  1.  尺側手根屈筋腱の撓側縁、手関節掌側横紋の上方1寸
  2.  尺骨頭橈側の陥凹部、手関節背側横紋の上方1寸
  3.  尺骨の橈側縁、手関節背側横紋の上方3寸
  4.  長掌筋腱と橈側手根屈筋腱の間、手関節掌側横紋の上方3寸
解答・解説を見る
解答:
1

問111

絡穴が八脈交会穴である経脈はどれか。

  1.  手の太陽経
  2.  足の太陽経
  3.  手の少陽経
  4.  足の少陽経
解答・解説を見る
解答:
3

問112

奇穴の取穴と主治の組合せで正しいのはどれか。

  1.  百会の前後左右の各1寸―――胃炎
  2.  翳風の後方約1寸――――――歯根炎
  3.  足三里の下方約2寸―――――胆嚢炎
  4.  中極の外方3寸―――――――膀胱炎
解答・解説を見る
解答:
4

問113

奇穴の取り方で正しいのはどれか。

  1.  内膝眼は膝関節部、膝蓋骨底上際中央の陥凹部に取る。
  2.  痞根は第1腰椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方3寸に取る。
  3.  十七椎は後正中線上、第5腰椎棘突起下方の陥凹部に取る。
  4.  腰痛点は手背、第2・第3および第3・第4中手骨底間の陥凹部の2点に取る。
解答・解説を見る
解答:
3

問114

肩甲挙筋のトリガーポイント好発部位に当たるのはどれか。

  1.  肩井
  2.  肩髃
  3.  天髎
  4.  肩外兪
解答・解説を見る
解答:
4

問115

次の文で示す患者の病証に対する治療で、原絡配穴法(主証、客証を踏まえて原穴と絡穴を配穴する法)の原則として適切な治療穴の組合せはどれか。「38歳の女性。2週間前に右側の顔面神経麻痺を発症。ほぼ同時期に同側の大腿前外側から下腿前面に痛みがある。最近、右足の第1指から下腿内側の痛みが加わった。」

  1.  太白――豊隆
  2.  衝陽――公孫
  3.  太白――公孫
  4.  衝陽――豊隆
解答・解説を見る
解答:
2

問116

変形性膝関節症の患者に対するSOAP方式による経過記録でPに相当するのはどれか。

  1.  階段昇降時の膝の痛み
  2.  膝関節の屈曲拘縮
  3.  内側広筋の萎縮
  4.  大腿四頭筋訓練
解答・解説を見る
解答:
4