国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2016年(平成28年)第24回 はり師・きゅう師国家試験

解剖学 (問題16〜26)

問16

気管内面にみられるのはどれか。

  1.  多列線毛上皮
  2.  単層立方上皮
  3.  単層扁平上皮
  4.  移行上皮
解答・解説を見る
解答:
1

問17

頸椎について正しいのはどれか。

  1.  生理的後湾がある。
  2.  椎骨動脈は第7頸椎の横突孔を通る。
  3.  環椎後頭関節は頭部の屈伸に関与する。
  4.  環椎横靭帯は歯突起前面を覆う。
解答・解説を見る
解答:
3

問18

関節について正しいのはどれか。

  1.  胸鎖関節には関節円板が存在する。
  2.  肩関節で関節唇は上腕骨頭に付着する。
  3.  腕尺関節は車軸関節である。
  4.  手関節で尺骨は舟状骨に接する。
解答・解説を見る
解答:
1

問19

下肢の骨について正しいのはどれか。

  1.  距骨には載距突起がある。
  2.  腓骨にはヒラメ筋線がある。
  3.  脛骨には粗線がある。
  4.  大腿骨には恥骨筋線がある。
解答・解説を見る
解答:
4

問20

腰三角を構成するのはどれか。

  1.  外腹斜筋
  2.  腸肋筋
  3.  大腰筋
  4.  腰方形筋
解答・解説を見る
解答:
1

問21

上腕骨の内側上類に起始するのはどれか。

  1.  腕橈骨筋
  2.  総指伸筋
  3.  長掌筋
  4.  肘筋
解答・解説を見る
解答:
3

問22

心臓について正しいのはどれか。

  1.  心内膜と心外膜の間が心膜腔である。
  2.  プルキンエ線維は線維三角を貫く。
  3.  乳頭筋の収縮で房室弁が開く。
  4.  冠状静脈洞は右心房に開口する。
解答・解説を見る
解答:
4

問23

鼻腔について正しいのはどれか。

  1.  キーゼルバッハ部位は鼻腔の外側壁にある。
  2.  鼻前庭は単層円柱上皮で覆われる。
  3.  蝶形骨洞は中鼻道に開口する。
  4.  嗅上皮は総鼻道の上部にある。
解答・解説を見る
解答:
4

問24

小腸について正しいのはどれか。

  1.  粘膜上皮は多列円柱上皮である。
  2.  粘膜固有層にパイエル板がある。
  3.  全長にわたって腸間膜がある。
  4.  表面に腹膜垂がある。
解答・解説を見る
解答:
2

問25

下垂体について正しいのはどれか。

  1.  第4脳室底部に突出する。
  2.  腺性下垂体は前方に位置する。
  3.  神経性下垂体は咽頭に由来する。
  4.  下垂体ホルモンは下垂体門脈系により標的器官に達する。
解答・解説を見る
解答:
2

問26

錐体路が通過するのはどれか。

  1.  脳梁
  2.  内包
  3.  橋被蓋
  4.  後索
解答・解説を見る
解答:
2