国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2017年(平成29年)第25回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

透熱灸に用いる艾で最も適切なのはどれか。

  1.  黒褐色である。
  2.  繊維が粗い。
  3.  葉柄が多い。
  4.  灰分が少ない。
解答・解説を見る
解答:
4

問152

艾炷の燃焼について正しいのはどれか。

  1.  良質艾では燃焼時間が長くなる。
  2.  粗悪艾では最高温度が低くなる。
  3.  硬くひねると温度の上昇がゆっくりになる。
  4.  軟らかくひねると熱感が強くなる。
解答・解説を見る
解答:
3

問153

糖尿病患者で避けるべきなのはどれか。

  1.  ニンニク灸
  2.  糸状灸
  3.  押灸
  4.  八分灸
解答・解説を見る
解答:
2

問154

灸あたりについて誤っているのはどれか。

  1.  瞑眩ともいう。
  2.  初めて灸療法を受けた場合に起こりやすい。
  3.  施術後の不潔操作で起こりやすい。
  4.  食欲不振は症状の一つである。
解答・解説を見る
解答:
3

問155

有痕灸施術部位の皮膚消毒について最も適切なのはどれか。

  1.  施灸前後に行う。
  2.  ラビング法を用いる。
  3.  施灸部位を往復するように拭く。
  4.  次亜塩素酸ナトリウムを用いる。
解答・解説を見る
解答:
1

問156

温度刺激に関して正しいのはどれか。

  1.  20~40℃の間では皮膚温が高いほど閾値が高くなる。
  2.  感覚の順応は起きにくい。
  3.  熱刺激を受容するⅢ群線維がある。
  4.  皮膚温が45℃未満の熱刺激では神経性炎症は起こらない。
解答・解説を見る
解答:
3

問157

過敏性腸症候群における下痢に対して、脊髄性の自律神経反射を考慮して灸治療を行う場合、最も効果が期待できるのはどれか。

  1.  合谷
  2.  帰来
  3.  足三里
  4.  内庭
解答・解説を見る
解答:
2

問158

施灸局所の血流増加に関与するのはどれか。

  1.  軸索反射
  2.  広汎性侵害抑制調節
  3.  交感神経―アドレナリン系
  4.  圧受容器反射
解答・解説を見る
解答:
1

問159

透熱灸の施灸局所に起こる反応で正しいのはどれか。

  1.  痛覚過敏はセロトニンにより起こる。
  2.  痒みはノルアドレナリンの作用による。
  3.  フレアは脊髄反射により起こる。
  4.  局所膨隆は血漿漏出により起こる。
解答・解説を見る
解答:
1又は4

問159

透熱灸の施灸局所に起こる反応で正しいのはどれか。

  1.  痛覚過敏はセロトニンにより起こる。
  2.  痒みはノルアドレナリンの作用による。
  3.  フレアは脊髄反射により起こる。
  4.  局所膨隆は血漿漏出により起こる。
解答・解説を見る
解答:
1又は4