国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

2017年(平成29年)第25回 はり師・きゅう師国家試験

衛生学公衆衛生学 (問題4〜11)

問4

我が国の平成26年の業務上疾病で最も多いのはどれか。

  1.  災害性腰痛
  2.  物理的因子による疾病
  3.  じん肺および合併症
  4.  化学物質による疾病
解答・解説を見る
解答:
1

問5

精神障害について正しいのはどれか。

  1.  てんかん発作は一時的な意識消失を伴う。
  2.  認知症は知能が生来低下している状態である。
  3.  抑うつは意識レベルの程度を表している。
  4.  適応障害は脳の器質的障害が原因である。
解答・解説を見る
解答:
1

問6

遺伝する疾患はどれか。

  1.  ハンセン病
  2.  アザラシ肢症
  3.  先天性風疹症候群
  4.  フェニルケトン尿症
解答・解説を見る
解答:
4

問7

特定健康診査で必須の項目はどれか。

  1.  心電図
  2.  γ-GTP
  3.  眼底所見
  4.  総コレステロール
解答・解説を見る
解答:
2

問8

地球上から根絶された感染症はどれか。

  1.  コレラ
  2.  破傷風
  3.  痘そう
  4.  ポリオ
解答・解説を見る
解答:
3

問9

予防接種に生ワクチンを使用するのはどれか。

  1.  麻疹
  2.  百日咳
  3.  日本脳炎
  4.  肺炎球菌
解答・解説を見る
解答:
1

問10

我が国の人口統計について正しいのはどれか。

  1.  国勢調査は人口動態統計である。
  2.  死亡診断書は死因統計の基礎データとなる。
  3.  生後4週未満の死亡統計から乳児死亡率を算出できる。
  4.  死因統計はICFに従って分類される。
解答・解説を見る
解答:
2

問11

WHOの主な活動はどれか。

  1.  地域紛争の解決
  2.  難民の救済援助
  3.  労働条件の改善
  4.  保険統計の刊行
解答・解説を見る
解答:
4