第12回 滋蓬会‐JIHOUKAI‐講演会

報告者: 田中 貢司
(東洋医療専門学校鍼灸師学科10期生)
日程: 平成26年5月25日(日)13:00~16:40
場所: 東洋医療専門学校第2校舎7階大講演室
演題: Ⅰ部『背部兪穴とその刺鍼の方法』
Ⅱ部『COCORO式美顔ローラー法』
講師: Ⅰ部 森川 和宥先生
Ⅱ部 中間 善也先生

今回は『鍼灸師と臨床力』ということで2人の講師の先生にお越しいただき、2部構成でご講演していただきました。

1部では東洋医療専門学校では大変お世話になっています森川先生に講義および実技をしていただきました。臨床においてはよく使用する背部兪穴についてお話していただいただけでなく経穴を認識する際の反応や触診方法、それに相応する十七手技ついて実技を交えながら教えていただきました。“慢性になると背部兪穴の反応は1側線から2側線に移る”や“便通異常では胃の六つ辺りが膨隆する”など臨床において大変勉強になること教えていただきました。

2部では森川先生の教え子にあたる中間先生にCOCORO式美顔ローラー法のやり方を宮武先生をモデルに行ってもらいました。
会場は女性も多かったので皆さん真剣にローラー鍼を動かしていました。“優しく細かく早く”を基本に顔のラインに沿ってローラーを動かしました。短い時間ですが肌にハリがでたり、目が大きくなったり、小顔になったり、効果は絶大でした。

講義では“美容は歯磨きと一緒”と先生はおっしゃっておられ、歯磨きのように日々のケアを怠れば顕著に現れるとおっしゃっていました。こころはり灸治療院ではローラー鍼を販売しておられ患者さん自身のセルフケアにも力を入れられているそうです。またローラー鍼を施術に取り入れることで信頼を獲得しているとのことです。

05

2つの講演、実技は今後に活かせるもので大変貴重な時間を過ごすことができました。現状はまだまだ鍼灸の浸透力は足りないものがあると思います。日々の臨床力を培いながら、どう患者さんに繋げるかがこの講演会で勉強できたと思います。
森川先生、中間先生ご多忙のところありがとうございました。.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>