鍼灸サークルvol.10

報告者: 山下 雅史
(東洋医療専門学校鍼灸師学科10期生)
日程: 平成27年2月7日(土)
場所: 東洋医療専門学校第1校舎3階教室
内容: 鍼灸臨床30年失敗例に学ぶ
講師: 猪飼 祥夫 先生

平成27年2月7日の鍼灸サークルvol.10に参加して来ました。今回は京都で開院されて30年以上の臨床経験をもつ猪飼鍼灸の猪飼祥夫先生に、ご自身が今までに経験した失敗例を中心に様々なお話を聞かせていただきました。

骨折や気胸などの実際に起こった例をあげ、なぜ失敗したのか、どうしておけば失敗は起こらなかったのかなどの解説をしてもらいました。それと気を付けた方がよい患者さん、診断やカルテの重要性なども経験談を用いて分かりやすく教えていただきました。 最後には猪飼先生の鍼灸そのものの考え方などのお話もしていただきました。

「痛みとは?」というテーマで痛みについて、慢性痛と急性痛の違いや、どのような痛みがトリガーポイントの適応になるのか、また、その見極め方などの説明をしていただき、問診時に可動域や、検査法がいかに大切かを勉強させていただきました。

そして、一番印象に残ったのが伊藤先生の実際の患者さんのお話でした。

なかなか臨床の場に立っている中で実際の患者さんの意見、声を聞くことってなかなか無いと思います。
その患者さんは腰痛に悩んでいたそうですが、伊藤先生のトリガーポイント治療のおかげで痛みがとれたと言う事や、伊藤先生の問診の仕方、体の触り方など、患者さん目線で良かった所をいろいろ聞くことができました。

猪飼先生特有の猪飼節もあり、何度かお会いしてる僕も置いていかれるようなディープな話もあったりしましたが、それも含めて失敗談などの他では聞けないようなお話が聞けて、鍼灸のあり方などを考える良い機会になりました。 お話していただいた猪飼先生、主催のはり灸おりべの川嶋さん、ありがとうございました。

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>